放課後等デイサービス




放課後等デイサービス(ほうかごとうでいさーびす)とは、障害のある子がや発達に特性がある子が、授業終了後や学校休業日などに通う事ができる福祉サービス。「障害児の学童保育」とも呼ばれている。
現在、身体・発達・精神などの種類にかかわりなく障害児が利用できるように改正。民間事業者の参入も進み利用者の選択肢が増えているが、サービスの質の低下が懸念されている。

対象年齢

原則として6歳から18歳までの就学児童。
※障害手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などの手帳を所持する児童または、発達の特性についての医師の診断書がある児童。

預けられる時間

各施設によって違いますが、平日は14:00~18:00、休日は10:00~18:00までが一般的なようです。

利用料金

利用料金は自治体によって定められており、およそ8,000円~12,000円です。
利用者の負担は1割なので1回あたり800円~1,200円となります。
ちなみに平日と休日の料金は違う場合が多く、平均すると私の場合は1日1000円ほどの利用料金です。
また「おやつ代」として数百円別途負担となります。

まとめ

こういった子供関係の施設や障害の情報は調べてみると、昔よりは徐々に認知もされてきているし、改善もされてきているんだなと感じます。
もし、お子様に障害がある場合は、学童保育にしてもデイサービスにしてもよく子供の特徴をまとめたメモ紙でもなんでも構いませんのでご説明される事をオススメいたします。
放課後等デイサービスをお探しで困られている方は、市役所や学校に相談される事をオススメいたします。
また、インターネットの検索窓で「放課後等デイサービス お住まいの地域」で検索すれば該当施設が見つかるとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク