色を覚えた時のお話。




数日前の記事で、色の事に触れ思い出しました。

過去記事にも書いてなさそうだったので、今更ですが色を覚えた時のお話をしたいと思います。

記憶が少し曖昧ですが、幼稚園の入園前くらいだったと思います。

娘に障害があると疑っている時、なんでもいいから覚えさせたいし、頭をたくさん使わせたい、刺激を与えたいと考えていました。

娘には色々何ができるのか試していた時期だったかもしれません。

その色々試した中の一つが色です。

正直、覚えるのは難しいだろうなと思いつつ空いた時間があれば、色を娘に教えていました。

その時の絵本がこちら。

小さな娘でも片手で持てるサイズで、正方形の形をした絵本です。

一緒に横になりながら絵本にある色を指さして「赤」、「黄色」、「黒」と声を出してました。

私は、娘が就寝する前によく覚えさせていました。

娘も寝る前は絵本を見る習慣があったので、毎日楽しみにしていましたね。

ずっと色の絵本では飽きてしまうので、たまに違う絵本を読んだりと工夫しました。

そんな娘も色は割と早い段階で覚えてくれました。

恐らく1ヶ月もかかっていません。

どの色も指を差しただけで答えてくれた時は感動しました。

注意していただきたいのは、嫌々覚えさせるのはよくないと思います。

数日前の記事でも触れましたが、一緒に遊ぶ感覚で楽しみながらやるのがベストだと思います。

笑い合いながらできれば最高ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク