ハンドドライヤーの音を聴覚過敏の娘が克服した




娘は小さな頃から音に敏感です。

娘が一番苦手なものは音かもしれません。 最近、聴覚過敏は一生克服できないのではと思うようになりました・・・。 現在の様子を記録し...

↑この記事の通り、「防災ベル」、「花火」、「ピストル音」、「笛」、「ハンドドライヤー(ジェットタオル)」などの大きな音が苦手です。

家のドライヤーなどの生活音は少しずつ克服してきたんですが、普段耳にしない大きな音は基本的にダメです。

きっと大きな音でも慣れてしまえば大丈夫なんだと思いますが、「防災ベル」、「花火」、「ピストル音」、「笛」、「ハンドドライヤー(ジェットタオル)」といった音は、毎日耳にする音ではないので慣れようがないんですよね。嫌な音を聞くと少しパニックぎみになりずっと泣いた状態になります。

外のトイレを一緒に使用する場合は、トイレに入る前にハンドドライヤーを使用しないようにハンカチがあるかどうか確認するのが習慣となっていました。

そんなある日、外のトイレを一緒に使用してみると、ハンカチの確認作業もなくトイレに入場している娘の姿がありました。ちょっといじわるをして、ハンドドライヤーを普通に使ってみると恐がってる様子はありませんでした。むしろハンドドライヤーに娘も手を指し伸ばし笑っていました。

たまたま調子が良く大丈夫だったのかもしれませんが、100%今までダメだったのでその姿には驚きました。もしかしたら、その他の苦手な音も克服できていたりしてとちょっと期待してしまう私がいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク