1+1が分からない




知的障害がある子も、学校で算数の授業や宿題で足し算はやっていた。

ただ、意味が分かっているのかは分からない。

数字の数だけ、マスのようなのを黒く塗りつぶし、それを数えて答えを導き出すやり方であるからだ。

もう小学2年生なので、1+1くらいは答えられるかなと思って会話の中で「1+1は?」と質問してみた。

「わからない」という返答だった。

すごくショックでした。

詳しい会話の内容を忘れてしまったが、こんな事も言っていた。

「〇〇〇(自分の名前)すぐ忘れちゃうんだよね」

やり方を忘れてしまうのか、意味を忘れてしまっているのか分かりません・・・。

ジャンケンにしても、時計にしても、足し算にしても、こういうルールがある事って、きっと覚えるのがすごく大変なんだと思いました。

一体どこまでのレベルまで理解できるようになれるのだろうか・・・。

なにか良い教え方とかあったらコメントいただけると嬉しいですm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク