苺状血管腫にプロプラノロールが有効?




プロプラノロールとは血圧を下げるお薬です。

また、狭心症や不整脈の治療にも使用します。

主に高齢者などに多く処方されているお薬のようです。

その薬が苺状血管腫に効果があるという新情報を入手しました。

効果がある薬でよく言われているのがステロイド。

副腎皮質ステロイド薬投与は即効性があり緊急性を要する場合に行われます。

しかし大量使用され重い副作用を生じる可能性があり、少しリスクがある治療方法と言えます。

ちなみに緊急性とは、耳、鼻、口唇に生じたイチゴ状血管腫は潰瘍となったり、皮膚欠損となることがあります。

また、上まぶたに生じたものは目を開けなくしてしまい、長時間この状態が続くと視力の発達が障害されます。

また巨大なものは場所により種々の閉塞症状、例えば気道閉塞や摂食障害をきたすことがあります。

そこでこのようなイチゴ状血管腫に対しては治療をしなければなりません。

治療としてはいくつかの方法がありますが、速効性の点でステロイド療法(ステロイドの内服や局所注射など)が優れています。

そのため緊急性を要する場合はステロイド療法を行うべきです。

レーザー治療もある程度効果がありますが、増殖期にレーザー治療を行っても増殖を止めることはできません。

また退縮期にレーザー治療を行えば、確かに治療に応じて色調は薄くなりますが、イチゴ状血管腫はもともと自然に消える傾向があるため、7歳頃以降にはレーザー治療をした部位と、しない部位ではほとんど色調に差がみられなくなります。

従って必ずしも副作用がゼロでないレーザー治療をイチゴ状血管腫全例に行う必要はありません。

その他ウイルスの働きを抑えるαインターフェロンという薬が有効との論文もありますが、科学的に実証されている訳ではありません。また人工塞栓術という治療法があり、生命の危険を及ぼすようなイチゴ状血管腫に適応となります。(社団法人日本皮膚科学会)
 
話は戻りますが、リスクが少ない薬としてフランスから2008年にレポートがでています。

乳児血管腫は通常、経過観察されますが、治療が必要な場合、ステロイド、インターフェロン アルファー、ビンクリスチンなどが投与され、稀に血管内治療が行われます。放射線治療の適応はありません。

このレポートで、2例の乳児血管腫の患児に、ステロイド治療をしていましたが、あまり効果なく、血管腫への血流増加による心不全ではないけれども心負荷があるため、プロプラノロール(商品名:インデラール)を投与したところ、血管腫まで小さくなったのに気づき、この2例に続き、9人の乳児血管腫の患児に同様の治療を行ったところ、全例で効果があり、縮小したとしています。

その投与量は、2から5 mg/kg/dayでした。プロプラノロールは、本来、交感神経系に対するベーター ブロッカーで、高血圧、狭心症、頻脈など心臓に対するお薬です。

これが乳児血管腫に効いたメカニズムに関して、著者らは、1、乳児血管腫の中の血管の攣縮を起こした、2、VEGFやbFGF等の遺伝子の発現を押さえ、乳児血管腫の内皮の自然細胞死を引き起こした、などと考えています。
ちょうど医師にも、プロプラノロールを試してみないかと勧められています。

が・・・まだ3年たらずの情報ですので警戒しています。

飲み薬でもあるので・・・

しかも、もともと緊急性を要するような病気でもないので、やはり薬の投与は今現在避けたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. AYAKA より:

    私の子も6月生まれで、おでこに苺状血管腫があります
    はじめはレーザーをしていたのですが、プロプラノロールを使用進められ只今入院中です
    同じ月の生まれで同じ場所に苺状血管腫があったのでビックリしてコメントしちゃいました
    また読ませていだきますm(_ _)m

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    生まれまで同じ月とはビックリです。
    自分もプロプラノロールを使用を進められましたが、正直迷っています。
    約80%の確率で効果あると聞きさらに迷っています。
    薬を使用するのでこわいんですよね・・・・。
    もしまたブログを覗いていただけたらぜひコメントいただけたらと思っております。
    苺の位置がおでこまで同じだなんて勝手にですが何かの縁を感じています

  3. らら より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。ららと申します。
    お子さまがいちご状<span style="background-color:#FFFF00;">血管腫</span>とのことで、お気持ちお察しします。
    うちのこも同じでただいま薬で治療中です。
    うちの場合、効果はかなり良いです。
    膨れ上がっていた患部も今では真っ平らで、このまま順調にいったらと願っています。
    お互い頑張りましょう。

  4. 赤ちゃんと私 より:

    らら様
    はじめまして返信が遅くなりすいません。
    コメントありがとうございます。
    そういうお話を聞くと励みになります。やはり薬は効果があるみたいですね。結構効果があったというお話を聞きます。うちの子は苺以外にも心配な事があるので大変です。
    ららさんのお子さんの苺血管腫がよくなりますように。

  5. さく より:

    SECRET: 0
    PASS: 8ada287ed38a55360a0938c19c4fbca8
    私の1歳になる娘には鼻の下にかなり大きな苺状血管腫があります。
    超低体重児で生まれた我が子は体重が1500gを超えるまではレーザー治療を行うことが難しく半年ほどは局部へのステロイド注射を行いました。その後、一度だけレーザー治療を行いました。そして現在通っている病院ではそれ以上の治療はしないと言われました。
    そこで、意を決して違う病院に行ってみたところ深部まで届くレーザーと小児科でのプロプラノロールを薦められました。
    しかし、不安はもちろんあります。
    低体重児で生まれた我が子は大丈夫なのか?ということもありますし…
    でも同じように悩んでおられる方がいらっしゃるとわかりとても心強いです。この気持ちを理解できるのは同じ経験をした人しかいませんからね。
    一歩一歩少しでもいいので前向きになりたいです。共に進みましょうね。

  6. 赤ちゃんと私 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    鼻の下は大変ですね。セカンドオピニオンは大事だと思います。今の時代、医学がどんどん進歩しているのでいろいろな治療法に出合えると思います。ただ医師を信じないのではなく、この他にもこういう方法があるのだとわかるだけでもいいことだと思います。最後に決断するのは自分ですからね。
    大変だと思いますが、子を守れるのは親しかいないのでお互いどんな事にも負けずがんばりましょう。

  7. ポチャコ より:

    SECRET: 0
    PASS: 9fef8493fbc75c54d29f0ed46a8ac97b
    2年前からプロプラノロールを処方している医師です。症例を選んで投与しているので今のところ20例くらいですが、特に副作用は認めていません。海外では第一選択の治療になりつつあるようです。効果は1-2種間以内に出てきますので、顔や大きな苺状血管腫ではおすすめだと思います。レーザーはご両親の了解を得てハーフテスト(半分だけ照射)を数例しましたが、全く効果がありませんでしたのでもうやっていません。

  8. ゆめ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うちの次女には右脇腹、右足付け根に海綿状血管腫があり、生後2ヶ月にカサバッハメリット症候群を発症し、プレドニンで治療を続け症状が治まったということで薬は飲むのは終わったのですが、今日また再発してしまったようで先生にプロプラノロールを飲むよう言われ、今日から飲み始めています。効果がすぐでる訳ではないみたいですが、早く良くなって、血管腫も小さくなるのを祈るばかりです。

  9. 赤ちゃんと私 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ポチャコ様
    コメントありがとうございます。現役のお医者様と聞きなぜかコメントを頂いただけで心強い気持ちになりました。やはりこれからはプロプラノールが主流がなってくるのでしょうか?副作用もほとんどないようですし、効果がでている患者さんも多いようですので間違いなさそうですね。逆にレーザーは目に見えるような効果があったとの報告はほとんど聞かないので・・・。うちの子はレーザーをあて成長が止まったように見えていますが、自然治癒なのかレーザー効果なのかはっきりいってわかりませんからね・・・。うちの子のおでこにできた苺血管腫は今現在平ら?になってきました。前までは膨らんでいて触るとプニプニしていたのですがプニプニがなくなりました。このまま自然治癒にしたほうがよいのかどうか答えがわからないでいます。現在の苺血管腫の写真をブログにアップするのでもしまたブログに訪れていただいた時に何かコメント頂けたら大変うれしく思います。
    > 2年前からプロプラノロールを処方している医師です。症例を選んで投与しているので今のところ20例くらいですが、特に副作用は認めていません。海外では第一選択の治療になりつつあるようです。効果は1-2種間以内に出てきますので、顔や大きな苺状血管腫ではおすすめだと思います。レーザーはご両親の了解を得てハーフテスト(半分だけ照射)を数例しましたが、全く効果がありませんでしたのでもうやっていません。

  10. 赤ちゃんと私 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆめ様のつらいお気持ちお察しします。ネットで調べると症状が軽いものから重いもので画像でみるとすごい差があり、うちの子の血管腫が軽いものだと知りました。しかし少し前より治療法が明確になってきていいるので、きっと効果があらわれることと思います。治る事を信じがんばりましょう!
    > うちの次女には右脇腹、右足付け根に海綿状血管腫があり、生後2ヶ月にカサバッハメリット症候群を発症し、プレドニンで治療を続け症状が治まったということで薬は飲むのは終わったのですが、今日また再発してしまったようで先生にプロプラノロールを飲むよう言われ、今日から飲み始めています。効果がすぐでる訳ではないみたいですが、早く良くなって、血管腫も小さくなるのを祈るばかりです。

  11. ポチャコ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    イチゴ状血管腫と海綿状血管腫について。
    診断:見た目で赤いと血管腫と病院では診断されますが、イチゴ状血管腫と海綿状血管腫は全く別物です。イチゴ状血管腫は血管内皮細胞の増殖が見られる腫瘍病変で海綿状血管腫や単純性血管腫(サーモンパッチ、正中母斑、Unna母斑など)は血管奇形に分類され腫瘍病変ではありません。腫瘍病変は増殖していく、悪性化の可能性がある等の特徴がありますが、血管奇形は基本的には変化することはなく、そこの血管に異常があるというだけで増えることも悪性化をすることもありません。(血管奇形部に血液がたくさん入ってきて大きくなることはあります)毛細血管が増えていれば(毛細血管奇形)いわゆる単純性血管腫、もう少し太い静脈が増えていれば(静脈奇形)いわゆる海綿状血管腫と一般的に呼ばれております。プロプラノロール(βーレセプターのブロッカー)は腫瘍性の増殖を抑える効果になりますので、イチゴ状血管腫の増殖期に有効で海綿状血管腫には効果はないということになります。(実際には血管腫と血管奇形の合併、血管奇形リンパ管奇形の複合形もあるのでやや面倒ですが。)
    治療については、またの機会に。

  12. 管理人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。初めて聞いた言葉もあり、血管腫にもいろいろな名前がある事にビックリです。担当医師にははっきり苺状血管腫と言われたので間違いないと思われますが、正直少し頼りない先生なので。。でも、今現在進行がとまっていてぺちゃんこになってます。一番有効と思われる時期も過ぎてしまってますので選択肢はもう放置しかないのかなと考えています。夏にまた先生に見せにいく予定ですので増えた知識を活用して先生とお話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク