小学3年生になってやっと1+1が分かるようになった??




数か月前に1+1が分からないという記事を上げました。

知的障害がある子も、学校で算数の授業や宿題で足し算はやっていた。 ただ、意味が分かっているのかは分からない。 数字の数だけ、マス...

相変わらず意地悪な私は、会う度に「1+1は?」と質問します。

決まって返答は、「わからない」でした。

しかしついに理解してくれたかもしれません。

私:「1+1は?」

娘:「うーん。わからない。あっ思い出したー。ニーーー」

私:(怪しい・・記憶力な気がする)

仮に理解してくれたと言っても私の力は何も働いていませんが・・・。

Twitterのフォロワーさんに勧められた商品で、はじめての100玉そろばんというのも試しに購入してきましたが、これの効果かな?

100玉そろばんを使えば、算数が苦手な子でも覚えやすいと定評があり、特に上記リンクのトモエ算盤というメーカーのものが良いみたいです。

私はさらに意地悪をしました。

ただの暗記のような気がしたので、「1+2は?」と質問した。

これを答えられたら本物だと思いましたが、返ってきた答えは「わからない」でした。

ガックリ。。

でもいいんです。

楽しく生活しているのであれば。

波があるんですけど、最近また少しポジティブに考えられるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク