娘が幸せであるように私は毎日祈っています。




私は、今現在も毎日仏壇に手を合わせこんなお願いをしています。

仏様にお願いをするなんておかしな話かもしれませんが・・。

「娘が生涯幸せでありますように。」

「娘の大好きなママがずっと元気でありますように。」

私は、神様を信じません。

神様が人間を創造したのではなく、人間が神様を創造したんですよねきっと。

娘に障害があるかもと思った時、藁にもすがる思いで色々やってきました。

最終的には、お墓にいったり、仏壇に手を合わせ、

「私の娘に限ってそんな事はない。どうか何も障害がありませんように・・・」と。

神様を信じていないのに、神社などにも行き神様に祈ったりもしていました。

1、2歳の頃から娘に何かあると、少しづつ疑いが大きくなった。

ミトコンドリア病の疑いもあったし、歩行できるかも分からない状態だった。

障害がある事を確信してからは、祈る事がどんどん変わっていき、

「せめて歩けますように・・」

歩けるようになると今度は、

「せめて会話ができますように・・・」

人間って欲張りですよね。

ないものねだりで。

結果、ミトコンドリア病でもなかったし、歩行もできたし、会話もできた。

このまま成長すればきっと大丈夫。

もしかしたら障害の疑いは勘違いかもとまで思った。

しかし、知的障害という事実は変わる事はありませんでした。

離婚して元嫁と娘と離れ、以前よりは乱れる気持ちは落ち着きました。

たまに無性に娘が愛おしくなったり、色々考えてしまいますが・・・。

そんな私は今日も、「娘が生涯幸せでありますように。」と手を合わせた。

祈ってばっかりいる自分がどこか情けなくも感じたりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク