知的障害者の将来、悩み、不安、相談に何でもみんなで語り合える場所




我が子が障害者。

兄が障害者。

妹が障害者。

親が障害者・・

きっと身近に障害者がいらっしゃれば、将来の事を考え、私と同じように漠然とした不安を抱えている方はたくさんいるのではないでしょうか?

身近に障害者がいなければ、おそらく障害者について考えながら生きてく方は少ないと思います。

私自身、娘が障害者でなければ、1年を通して障害者について考える事は、1年に1度放送される24時間テレビしかありませんでした。

今思うと、どこか他人事で見ていた自分が恥ずかしいし、情けないです。

しかし、障害者と接する事がなければ、大多数の方が障害者について考える事は少ないと思います。

やはり身近に障害者がいらっしゃる方でないと、誰も気持ちは分かってくれませんし、共感し合う事なんて不可能です。

共感し合う事も大切ですが、リアルな問題として障害についての知識をもっと共有し合えたら最高なのになって思います。

例えば、療育、発達支援センター、特別支援学校、施設などの情報。

将来どうなるのか?どういう選択肢があるのか?

そういう語り合える場が、もっともっと合ってもいいのかなと思います。

そこで私がまず考えたのは、障害者や私と同じような境遇にいらっしゃる方と繋がりたいと思いTwitterをはじめました。

まだ繋がっている人数は少ないですが、知的障害で成人された方や、知的障害の親御さんなどと繋がって色々お話する事ができました。

一番驚いたのは、知的障害者の方とTwitterでやり取りした事です。

軽度知的障害の方で、普通にTwitterを使われていて、文面などもしっかりされていました。

私の質問にもたくさん答えてくださり、実際少し前向きに考えられるようになったので、今このブログを読まれている方でTwitterをもしされている方がいらっしゃいましたらぜひ繋がりましょう。

気軽にフォローして下さい ^^)

私自身、今後もブログを通して情報発信もしていきますが、TwitterのDMでもいいですし、このページのコメント欄で、自由に何でも語り合える場所として繋がれたらいいなと思っています。

お気軽にコメント欄に、悩み、相談、情報など何でも良いので投稿していただけたらありがたいです。

掲示板感覚で構いませんので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク