療育とは?



療育とは?

療育とは成長に遅れが見られるお子さまや、障害のあるお子さまが社会的に自立できるように取り組む治療と教育のことです。保育園や幼稚園の先生より障害がある子の指導に詳しい専門の先生がいる発達支援センターです。

療育手帳がないと通えない?

よく勘違いされる方がいますが、療育手帳がなくても基本的には支援センターに通えます。
別ページで説明しておりますが、療育手帳とは知的障害者が取得できる療育手帳の事で、この療育手帳を取得する事によって、さまざま支援やサポートを受ける事ができます。
※地域によって条件が変わってくる場合もございますのでお近くの療育機関にお問い合わせ下さい。

療育の対象年齢は?

各地域、各療育施設によっては0歳、1歳からでも入所可能なところもあるようですが、基本的に小学校就学前の2歳~6歳までの障害のある子どもが主に通う事ができます。
別ページで説明させていただきますが、小学生からは特別支援学級か特別支援学校に通う事になります。

療育に通うタイミングは?

療育は早期療育が効果的であると言われておりますので、お子さまに成長の遅れが見られる場合や、障害の疑いがある場合、心配なところがある場合、まずは医療機関、療育センター、市役所などにご相談される事をお勧めいたします。
※ただ成長が遅れていただけで、実は健常児だったという子も実際療育に通っていたケースも多くあります。

療育って効果あるの?

療育は早い段階からきちんとした治療と教育をおこなえば、障害レベルにより成長に個人差はありますがお子さまはしっかりと成長していきます。
一番こわいのは障害を早期発見できず、内の子はただ成長が遅れているだけと決めつけ、大事な時期に適切な治療と教育ができない事です。
また、療育はお子さまの為でもある同時に母親を療育のプロにする為のもでもあると言われてます。
お子さまと接する時間が一番長いのは母親なので、療育で学んだ教えを日常生活にも生かす事ができます。

保育園や幼稚園にも通わせたい

基本的に保育園や幼稚園に通わせながら、同時に療育にも通う事は可能です。
障害がある子にとって健常児とのふれあいは貴重で、すごく刺激をもらえるので保育園や幼稚園に通わせる事はメリットばかりだと思います。
うちの娘には、健常児ともたくさん触れ合ってもらいたかったので幼稚園に通わせながら療育に通う選択をいたしました。
しかし、障害の程度などによって保育園や幼稚園に通わせるべきでない場合もあると思いますので、まずは医療機関、療育センターにご相談される事をおすすめいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする