足し算ができるようになった??




1+1が小学3年生になっても分からない娘。

知的障害がある子も、学校で算数の授業や宿題で足し算はやっていた。 ただ、意味が分かっているのかは分からない。 数字の数だけ、マス...

何とも言えない気持ちでしたが仕方ないです。

知的障害とはそういうものです。。

なのにも関わらず、私は会う度に「1+1は?」と娘に質問して相変わらず意地悪。

しかし、ある日1+1を答えられた。

はじめ分からないと答えていたんですが、「2」と答えるようになりました。

しかし、これは「1+1=2」を文章みたいな感覚で覚えてるなと思った。

案の定そうで、1+1以外は答えられなかった。

1+1以外を答えられれば間違いなく理解したと思えるんですが、やっぱりまだ難しいのかなと思った。

ところが最近の事です。

1+7、1+5など答えられるようになりました。

めちゃくちゃ感動しました。

残念ながら2+2には答えられませんでしたが(笑)

たぶん九九の1の段みたいな感じで覚えてるのかな?

1+〇なら答えられるんですよね。

これは今の段階だと、暗記なのかどうが、どういう理解の仕方をしてるのか分かりません。

足し算、引き算は理解が難しい子ようにある絵の問題だと、解けている様子なのでまだまだ希望はあります。

数カ月後どうなっているかお楽しみください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク