軽度知的障害だけど、学校に1人で通学(登校)している




最近、知ったんですが、娘は学校に1人で通学している。

「障害あるんだよ?支援学級だよ?」

「え?学校許可したの?」

「てか、1人で通学できるの?」

「先生見てくれないの?」

これを初めて知った時、本当にすごく驚きました。

なんで父親である私が知らなかったの?ってなりますが、それは後日お話したいと思います。

1人で通えるなんて無理だと思っていたし、危ないし、大丈夫なのか今でもすごく心配です。

1年生の頃は、ママと毎日一緒に登校していましたが、2年生になってからは1人で通学しています。

しかも、雨の日も傘を差して1人で通っているようです。

私の記憶だと1人で傘を持つのもやっとの子だったんで、傘を差せる事にも同時に驚きました。

1人で通学している姿を想像すると、胸が苦しくなります。涙が溢れてくる時もあります。

それは心配な気持ち、すごいねって気持ち、ごめんねって気持ち、ありとあらゆる気持ちからきてるものだと思います。

私は娘と約束をしました。

「通学する時、必ず前を見て歩いてね」と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク