運動神経が悪い娘は、すぐ転ぶ事を認識していた




娘は、知的障害なので色々苦手な事がたくさんあります。

過去に何度も書いていますが、娘に一番ハンデがあるのは運動神経です。

今でこそ、それなりの運動神経はありますが、同世代の子と比べると差は歴然です。

ジャンプができるようになったのも、階段を一つ飛ばしで上がれるようになったのも最近の事です・・・。

自転車は補助輪なしじゃ乗れないし、ブランコや鉄棒はできません。

徒競走もビリで、とにかく運動神経は相当悪いです。

昔からよく転んでばかりいたので、膝や腕などあちこち怪我していました。

ソファーから落ちて骨折した事もあります。

そんな娘と最近、公園に行きました。

散歩していると、早速段差につまづいて転びました。

私は、心配そうな顔で娘を見ていたらしく、

娘:「気にしないで!」

パパ:「大丈夫?」

娘:「うん。痛くない。怪我してしないよ。だから気にしないで!」

気にされるのが嫌なのか、必死に大丈夫アピールをしていました。

娘:「〇〇(自分の名前)はすぐこけちゃうから。」

これを聞いた瞬間、また涙腺が弱い私は涙がでそうになりました。

すぐ転びやすい事分かってるんだなぁ。

私の中で何かがこみあげてきて、思わず娘を抱きしめてしまいました。

私は娘の運動神経を考え、池の周りは歩かないように、高いところには登らないように、とにかく危ないところには一人で行かないように伝えました。

それは今日だけに限らず、この先ずっと意識していてほしい。

幸いにも、娘はすごい臆病でこわいところには自ら行きません。

結構、危険を娘なりに察知しているようです。

どうか、どうか、大怪我だけはしてほしくないと願う毎日です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク